** オンデマンド配信セミナー **

(お申し込み完了後、14日間いつでも何度でも視聴できます。)

*  *  *  *  *

ベンダー・受注者の能力を引き出す

「発注仕様書」の極意

仕様発注の落とし穴と性能発注による理想的オープンイノベーションに向けて 

『 ベンダー・受注者の能力を引き出す「発注仕様書」の極意 〜 仕様発注の落とし穴と性能発注による理想的オープンイノベーションに向けて 〜 』と題する約4時間のセミナー録画を、オンデマンド配信しております。お申し込み完了後、14日間いつでも何度でもご視聴頂けます。

ちなみに、配信する内容は、サイエンス & テクノロジー(株)主催により2021年3月18日に開催したオンラインセミナー『オープンイノベーションを成功させる発注仕様書の極意』を、録画・編集したものです。

 

【オンデマンド配信セミナーの主旨】

 技術革新が著しい分野では、最適な研究開発・設計・製造ができるベンダーを広く外部から募る「オープンイノベーション」が、大きな効果を発揮するところです。理想的な「オープンイノベーション」を行えば、ベンダー側の創意工夫や最先端技術を存分に活かすことができます。問題は、最適なベンダーの見つけ方です。我が国では、「この設計図書のとおりに造ってもらいたい。」といった、実現手段を示す「仕様発注」が深く根付いていますが、これでは、「オープンイノベーション」に最適なベンダーを見つけられるはずもありません。そこで、「このようなものを研究開発・設計・製造してもらいたい。」といった、実現目標を示す「性能発注」の出番となります。この場合、「形ばかりの性能発注」ではなく、ベンダー側での「全体最適化」が可能となる「真の性能発注」でなければなりません。つまり、理想的な「オープンイノベーション」の実現には、「真の性能発注」の実現が絶対に欠かせないのです。

 

 そこで、本セミナーでは、「真の性能発注」を実現するための「発注仕様書の極意」について、色々な具体的事例に基づき分かりやすく解説致します。

セミナーの詳細はこちらへ ➡︎ https://www.science-t.com/seminar/O210435.html

*  *  *  *  *