ダウンロード
日本の水道水は世界一 〜 孫の世代までどう引き継ぐ? 〜 水道基盤強化に向けた水道法改正を踏まえた提言
日本の水道水は世界一! 〜 孫の世代までどう引き継ぐ?.pdf
PDFファイル 11.4 MB
ダウンロード
明日の社会(Society5.0)にかける夢 〜 ドローン・電気自動車・自動運転車・空飛ぶクルマ
明日の社会( Society5.0、つまり、超スマート社会 )は、弱者に優しい社会です。準天頂衛星システム「みちびき」の高精度測位や、AI、IOT、5Gに支えられ、ドローンが進化した「空飛ぶロボット」や「空飛ぶクルマ」、あるいは、完全自動運転車などが、高齢者、身体障害者、過疎地に住む人々の手足となって助けてくれます。
明日の社会(Society5.0)にかける夢.pdf
PDFファイル 18.7 MB
ダウンロード
公共工事の談合 〜 特効薬は「発注者のエンジニアリング」 〜 消防無線談合事案の詳細分析に基づく提言
「消防無線談合」の手口は、「工事仕様書」の記述内容を巧みに悪用したものです。しかし、発注者である全国の各自治体では、外部委託で作成した「工事仕様書」にこのような談合手口が潜んでいることに全く気付くことができませんでした。これでは、全国の自治体に「談合の餌食になり易い発注体質」が温存されたままですから、この先も、同様手口による談合が分野を代えて繰り返されることでしょう。
そこで、なかなか払拭できない「公共工事の談合」に対して、価格と技術の両面での競争原理を確実に働かせる方法などの、真に実効性のある「発注者のエンジニアリング」のツボを押さえたコンサルティングにより、官公庁を「談合の餌食になり難い発注体質」に劇的に改善できることをお話し致します。
公共工事の談合〜特効薬は「発注者のエンジニアリング」.pdf
PDFファイル 24.5 MB
ダウンロード
性能仕様書による発注業務の劇的改善【公共工事発注編】
「性能仕様書」とは、発注者が受注者に実現を求める目標そのものを、わかりやすい文言で規定した仕様書です。PFIやPPPによる設計・施工一括発注には、適切に作成された「性能仕様書」が欠かせません。設計・施工分離発注方式による当初の新国立競技場整備計画は破綻し、白紙撤回されましたが、直ちに「性能仕様書」による設計・施工一括発注方式に切り替えた結果、新たな整備計画は特段の支障もなく遂行されています。理想的な「性能仕様書」は、イノベーションを促進できます。費用対効果を最大化できます。談合の温床を払拭できます。このため、特に我が国の公共工事発注に、「性能仕様書」が広く普及することが何よりも望まれます。
性能仕様書による発注業務の劇的改善【公共工事発注編】.pdf
PDFファイル 29.5 MB
ダウンロード
性能仕様書による発注の劇的改善【製造請負発注編】
「性能仕様書」とは、発注者が受注者に実現を求める目標そのものを、わかりやすい文言で規定した仕様書です。研究開発及び詳細設計を含めた製造請負の発注や、いわゆるオープンイノベーションには、適切に作成された「性能仕様書」が欠かせません。理想的な「性能仕様書」は、イノベーションを促進できます。費用対効果を最大化できます。談合の温床を払拭できます。このため、特に我が国の官公庁における製造請負発注に、「性能仕様書」が広く普及することが何よりも望まれます。
性能仕様書による発注の劇的改善【製造請負発注編】.pdf
PDFファイル 17.6 MB
ダウンロード
「みちびき」が拓く未来 〜 ドローンテロ対策の視点から【講演資料】
一般財団法人衛星測位利用推進センター(SPAC)が、11月16日にお台場の日本科学未来館で開催した「SPACシンポジウム2018」に、講師として登壇しました。私の講演テーマは、【「みちびき」が拓く未来 〜 ドローンテロ対策の視点から】です。
 ドローンは、準天頂衛星システム「みちびき」の本格稼働(2018年11月)や、IOT基盤としての5Gの実現(2020年頃)などの無線技術の進歩発展に支えられて、小型無人機としての「空の産業革命」や有人機としての「空の移動革命」に向けて、急速に進化していきます。
そこで講演では、このようなドローンによるテロ攻撃の脅威の増大と、そのような脅威への対処方策について、わかりやすく解説しました。
「みちびき」が拓く未来 〜ドローンテロ対策の視点から.pdf
PDFファイル 20.1 MB
ダウンロード
ドローンでわかる電気自動車・自動運転車・空飛ぶ車【講演資料】
リチウムポリマー電池でモーターを駆動して飛行するドローンは、リチウムイオン電池でモーターを駆動して走行する電気自動車と同じく、CO2を排出しませんが航続距離は短いです。また、搭載したセンサーデータをフライトコントローラーで処理することにより各モーターの回転数を最適制御するドローンは、自動運転車と同じく、操縦のアシストや、完全自律航行ができます。さらに、ドローンが進化し大型化すれば、人が搭乗できる空飛ぶ車となります。
 そこで、ドローンの飛行制御の仕組みを踏まえて、電気自動車・自動運転車・空飛ぶ車それぞれの仕組みや特徴、今後の動向について解説します。
ドローンでわかる電気自動車・自動運転車・空飛ぶ車.pdf
PDFファイル 18.5 MB
ダウンロード
テロ敢行手段としてのドローンの脅威と対処方策【講演資料】
2018年平昌冬季オリンピックでは、ドローンによるテロ攻撃に備えて、競技会場周辺におけるドローンの飛行を禁止するとともに、警察のテロ対策部隊にドローン警備隊を組織し、ドローン捕獲ドローン、携帯型ジャマー、ショットガンを配備しました。
 2019年のG20サミットやラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、本論説が我が国のドローン対策の一助となれば幸甚です。
テロ敢行手段としてのドローンの脅威と対処方策.pdf
PDFファイル 27.4 MB
ダウンロード
同一人物映像に対する顔画像間欠切出し制御機構を用いたターゲット発見システム【講演資料】
監視カメラが捉えたライブ映像の中からテロリストや指名手配犯の顔を自動的かつリアルタイムに発見するターゲット発見システムにおいて、他人誤認率を極めて低く抑えた上で本人発見率を高める仕組みを発明しました。
同一人物映像に対する顔画像間欠切出し制御機構を用いたターゲット発見システム.p
PDFファイル 14.3 MB
ダウンロード
顔の識別における機械の目の特性と人の目の特性 〜 犯罪捜査やテロ対策の視点から
顔画像識別エンジンを用いた「機械の目」は、識別の精度と速度において「人の目」を遥かに凌駕しています。また、顔の表情や経年変化、整形手術などにより「人の目」には別人の印象を与える場合であっても、「機械の目」は印象の違いに左右されずに識別できるなどの優れた特性があります。このような「機械の目」は、防犯カメラの録画映像に遺留された犯人の身元割り出しや、監視カメラのライブ映像で捉えた指名手配犯やテロリストの発見に、効果的に活用することができます。
 一方、「人の目」は、意識レベルでは顔の際立った特徴や印象を一瞬で捉えることができます。また、無意識レベルでは、思い出せなくても目撃した顔には反応する特性があります。前者の意識レベルの特性は、「目撃者の供述に基づく犯人の似顔
顔の識別における機械の目の特性と人の目の特性.pdf
PDFファイル 14.1 MB
ダウンロード
テロ敢行手段としてのドローンの脅威と対処方策【論説】
警察政策学会の年刊誌「警察政策」第20巻(2018)に掲載された、約2万字の論説です。
 2018年平昌冬季オリンピックでは、ドローンによるテロ攻撃に備えて、競技会場周辺におけるドローンの飛行を禁止するとともに、警察のテロ対策部隊にドローン警備隊を組織し、ドローン捕獲ドローン、携帯型ジャマー、ショットガンを配備しました。
 2019年のG20サミットやラグビーW杯、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、本論説が我が国のドローン対策の一助となれば幸甚です。
テロ敢行手段としてのドローンの脅威と対処方策.pdf
PDFファイル 3.1 MB
ダウンロード
ドローンでわかる電気自動車・自動運転車・空飛ぶ車【解説記事】
月刊「技術士」6月号(2018年)に掲載された解説記事です。
 リチウムポリマー電池でモーターを駆動して飛行するドローンは、リチウムイオン電池でモーターを駆動して走行する電気自動車と同じく、CO2を排出しませんが航続距離は短いです。また、搭載したセンサーデータをフライトコントローラーで処理することにより各モーターの回転数を最適制御するドローンは、自動運転車と同じく、操縦のアシストや、完全自律航行ができます。さらに、ドローンが進化し大型化すれば、人が搭乗できる空飛ぶ車となります。
 そこで、ドローンの飛行制御の仕組みを踏まえて、電気自動車・自動運転車・空飛ぶ車それぞれの仕組みや特徴、今後の動向について解説します。
ドローンでわかる電気自動車・自動運転車・空飛ぶ車.pdf
PDFファイル 879.4 KB
ダウンロード
大失敗に学ぶ発注者のエンジニアリング 〜 新国立競技場建設計画の白紙撤回とその後【講演資料】
国際デザインコンクールに基づく新国立競技場建設計画は、平成27年7月に白紙撤回され、その経緯を検証した報告書が公開されています。また、国際プロジェクトであったX線天文衛星「ひとみ」は、平成28年3月に衛星軌道上で空中分解し、その原因を調査した報告書が公開されています。両報告書を発注者エンジニアリングの視点から分析してみますと、2つの大規模な技術プロジェクトが破綻した根源には共通する問題点が浮かんできます。工事請負や製造請負の発注に向けて、全体最適化のコンセプトではなく部分最適化のコンセプトを追求したことです。
 そこで、両報告書の記載内容に基づき、大規模な技術プロジェクトを破綻させないための要諦(キーポイント)として、全体最適化の実現方法を具体的に解説致します。
新国立競技場建設計画.pdf
PDFファイル 72.3 MB
ダウンロード
X線天文衛星「ひとみ」の失敗は、「発注者のエンジニアリング」の失敗【講演資料】
X線天文衛星「ひとみ」は、米国航空宇宙局や欧州宇宙機関等も参加した一大国際プロジェクトでした。平成28年2月17日の打ち上げに成功しましたが、3月26日、観測機器の試験運用中に、姿勢測定系のバグによりゆっくりと回転を始め、次いで、姿勢変更系のデータ入力ミスにより回転を猛烈に加速したため、遠心力で「ひとみ」は空中分解し、失われました。一大国際プロジェクトは、大成功を目前にして水泡と化したのです。
 原因を深堀りしてみますと、全体最適化の失敗による適切な発注者エンジニアリングの欠如が根本かつ最大の原因であったと思います。
 そこで、「ひとみ」の失敗を反面教師として、発注者エンジニアリングの視点から、大規模な技術プロジェクトを破綻させないための要諦を具体的に解説致します。
X線天文衛星「ひとみ」.pdf
PDFファイル 50.3 MB
ダウンロード
発注者のエンジニアリング 〜 零戦とターゲット(指名手配犯)発見システムをモデルとして【講演資料】
技術革新が著しい分野で優れた特注品や特注システムを創り出すには、価格と技術の両面での競争原理が働く発注仕様書が欠かせません。発注者のエンジニアリングとは、発注者ならではの技術的な手腕を発揮して、理想的な発注仕様書を作成することです。
 そこで、発注者のエンジニアリングの過去最大の成功事例である「零戦」と、今日まで成功事例が見られない「ターゲット(指名手配犯)発見システム」をモデルとして、発注者のエンジニアリングの意義や効能、発揮の仕方について、具体的に解説致します。
講演資料(発注者のエンジニアリング).pdf
PDFファイル 4.8 MB
ダウンロード
警察情報通信の発注者エンジニアリング 〜 ターゲット発見システムの実現に向けて【論説】
顔画像自動識別技術を用いてテロリストや指名手配犯を即座に発見するシステムをモデルとして、的確な発注者エンジニアリングを行うことにより、費用対効果に優れたシステムが実現することを提言しました。
警察政策学会の年刊誌「警察政策」第19巻(2017)に掲載された、約2万字の論説です。
警察情報通信の発注者エンジニアリング〜ターゲット発見システムの実現に向けて
PDFファイル 880.1 KB
ダウンロード
顔画像識別技術と監視カメラが産み出す「機械の目」の特性【解説記事】
月刊「技術士」3月号(2016年)に掲載された解説記事です。
 我が国の顔画像識別技術は、世界のトップランナーです。その識別精度と識別速度は「人の目」を遥かに凌駕しています。このため、防犯カメラの録画映像からの犯人の身元割り出しや、監視カメラのライブ映像からの指名手配犯の発見は、既に実用の域に達しています。
 ここで問題となるのが、防犯カメラや監視カメラの映像品質です。顔画像識別技術の優れた性能を存分に引き出すには、その技術的な特性に適合した撮影システムの構築が欠かせません。
 そこで、顔画像識別技術の性能や特性、満たすべき映像品質について、具体例に基づき論説しました。
顔画像識別技術と監視カメラが産み出す「機械の目」の特性.pdf
PDFファイル 10.8 MB
ダウンロード
顔画像識別技術と監視カメラが産み出す「機械の目」の特性【講演資料】
今日の顔画像識別技術は、識別の精度と速度において「人の目」を遥かに凌駕しています。この驚異的な高性能を活かすには、顔画像識別エンジンの特性に合致した監視カメラが欠かせません。
 そこで、被疑者写真検索システムとターゲット発見システムをモデルとして、両システムの効果的な実現方法を具体的に解説致します。
顔画像識別技術と監視カメラ講演時配布用資料.pdf
PDFファイル 380.2 KB
ダウンロード
顔画像識別における人の目の特性と機械の目の特性【論説】
警察政策学会の年刊誌である「警察政策」第17巻(2015)に掲載された論説です。
 顔画像識別エンジンを用いた「機械の目」は、識別の精度と速度において「人の目」を遥かに凌駕しています。また、顔の表情や経年変化、整形手術などにより「人の目」には別人の印象を与える場合であっても、「機械の目」は印象の違いに左右されずに識別できるなどの優れた特性があります。
 一方、「人の目」は、意識レベルでは顔の際立った特徴や印象を一瞬で捉えることができます。また、無意識レベルでは、思い出せなくても目撃した顔には反応する特性があります。
 そこで、「人の目の特性」と「機械の目の特性」を説明することにより、顔画像識別技術の犯罪捜査への効果的活用方策を提言しました。
論文.pdf
PDFファイル 22.5 MB
ダウンロード
捜査用似顔絵に基づく被疑者写真検索への顔画像識別技術の適用について【講演資料】
犯人の顔が目撃された場合の有力な捜査手段である似顔絵は、全国で毎年1〜2万枚が作成され、公開して情報提供を募るなど、犯人の身元割り出しに用いられています。
 そこで、防犯カメラに遺留された犯人の顔画像に基づく被疑者写真検索に用いられている顔画像識別技術を用いて、捜査用似顔絵に基づく被疑者写真検索を行った場合の身元割り出し効果について研究するとともに、目撃者が記憶する犯人の顔に基づく身元割り出し効果について研究したので、その結果を具体的に説明致します。
講演用資料その2.pdf
PDFファイル 3.2 MB