*  *  *  *  *

*  *  *   書 籍   *  *  *

*  *  *  *  *

「性能発注方式」発注書制作活用実践法

DX、オープンイノベーションや、プロジェクトマネジメントを成功させる鍵

『「性能発注方式」発注書制作活用実践法 』と題する書籍が、(株)新技術開発センターから発売中です。

 

【本書をご活用下さい】
発注には、詳細な設計図面等を用意し「この図面の通りに作ってくれ」と要求する「仕様発注方式」と、実現しようとする具体的な目標や要件を示し「このような機能・性能を備えたものを作ってくれ」と要求する「性能発注方式」があります。DXに伴う大規模なソフトウェア開発、欧米のようなオープンイノベーション、大規模な整備プロジェクトのマネジメント、難工事に欠かせない「情報化施工」、民営化を主眼とする公共事業などを成功させるには、「性能発注方式」による取り組みが欠かせません。
「性能発注方式」では、目標と必要十分な要件のみを明確にし、設計等に立ち入らないことで、受注者が自由な発想で創意工夫を凝らし、プロジェクトの全体最適化、費用対効果に優れた結果を導けます。
しかし、我が国の特に官公庁では「性能発注方式」の馴染みが薄く、もっぱら「仕様発注方式」が用いられることにより、新国立競技場整備事業など大小の失敗例が頻発しています。そこで、本書では「仕様発注方式」と「性能発注方式」の具体的な事例研究を通じて、「性能発注方式」のメリット、正しい「性能発注方式」の在り方、発注書の制作と活用の実践法などを、わかりやすく解説します。建築・土木工事や各種製造請負、DX化などの発注、受注に、ぜひ本書をご活用下さい。

 

【本書の特長】 

1.グローバルスタンダードな「性能発注方式」の特徴、メリット、取り組み方について、具体例に基づき分かりやすくまとめている。

2.我が国独自の「仕様発注方式」に起因する諸問題について、多数の失敗事例に基づき深掘りしている。

3.具体的な事例の発注書を掲載し、「仕様発注方式」と「性能発注方式」の違い、「性能発注方式」の発注書の作り方を示している。

4.DXに伴うソフトウェア開発、オープンイノベーション、プロジェクトマネジメントを成功させる取り組み方について、すぐに実践できるようにまとめている。

5.民営化を主眼とする公共事業や公設公営の公共事業について、価格と技術の競争原理を働かせ、費用対効果の最大化を目指す取り組み方を具体的にまとめている。

 

本書のご購入はこちらへ  ➡︎  https://www.techno-con.co.jp/item/3163.html

 

ちなみに、書籍『「性能発注方式」発注書制作活用実践法 』は、定価25,000円+送料300円ですが、「澤田先生からの紹介である。」旨を購入申込み時の通信欄に記入して頂きますと、定価の2割引きの20,000円+送料300円でお求め頂けますので、是非ともご活用頂きたく存じます。
そこで、2割引きの具体的な手続きについてですが、上記のURLが、書籍『「性能発注方式」発注書制作活用実践法 』の購入申込みページです。このページの「書籍表紙のイメージ画像」の左下方向にある(!注文する)のボタンで、「買い物カゴの確認」の画面となります。ここでは定価表示のままですが、数量を確認して頂いた上で、[お申込入力へ進む]のクリックで、🔴お買い上げ商品(25,000円の定価表示のままの数量確認画面です。)に続いて、🔴お名前🔴勤務先🔴自宅🔴通信欄の各入力画面が続いています。そこで、最後の🔴通信欄の入力画面に、「澤田先生からの紹介である。」旨を記入して購入を申し込んで頂ければ、1週間程度で書籍とその請求書(定価の2割引きの20,000円+送料300円の請求書)が郵送されてきますので、ご活用のほど、よろしくお願い申し上げます。